Inquiry icon

START A CONVERSATION

Share your requirements and we'll get back to you with how we can help.

Thank you for submitting your request.
We will get back to you shortly.

信頼性の高いクラウドマイグレーション

当社は、お客様の既存のセットアップを評価し、将来のビジネスニーズにも対応可能なクラウドマイグレーションロードマップを明示して、ビジネスおよびITのより一層の発展・向上を牽引する要素を絞り込むことを中心にサービスをご提供しています。また、運用の中断を最小限に抑えられる段階的マイグレーション手法を取っています。当社のクラウドマイグレーションサービスの第一歩は、詳細な打ち合わせを行ってマイグレーション戦略を練り、計画を立てることです。

クラウドマイグレーション コンサルティングおよび戦略

貴社のクラウドマイグレーションパートナーとして、弊社は貴社のクラウドに関連した質問に対応し、クラウドへの移行を成功させるため、力を尽くします。弊社クラウドコンサルタントは、以下のものを特定するサポートをします。

  • マイグレーションが必要なものマイグレーションが必要なアプリケーション、プロセスおよびインフラの優先順位付け
  • マイグレーションの方法ニーズに沿って、潜在的なリスクに対応するマイグレーション戦略を策定
  • マイグレーション先各ビジネスにとって適切な、信頼性の高いプラットフォーム(プライベート、パブリック、ハイブリッド)を選択
Strategy

クラウドマイグレーション 戦略

弊社は、既存セットアップおよびクラウドロードマップを定義することにより、ビジネスおよびITドライバーの認識に注目しており、これは将来のビジネスニーズにも適合するものです。計画的反復アプローチによって、ビジネスオペレーションへの弊害を最小限にします。

詳細を見るクラウド移行戦略

クラウドマイグレーションのステージ

ディスカバリ 意思決定 移行 クラウド

既存インフラのインベントリ

依存関係とリスクの評価

アプリケーションの優先順位付け

クラウドデプロイモデルとプロバイダの選択

プライベートクラウドか、パブリッククラウドか、それともハイブリッドクラウドか

単一のクラウドか、マルチクラウドか

マイグレーションパスの決定

リホスト(マイグレーションツールによるリフトアンドシフト)

リファクタリング(コンテナによるリフト、手直し、シフト)

リプレース(SaaSバージョンのセットアップ)

リビルド(最初から再設計、ビルドする)

保持(何もしない)

小規模の作業負荷をマイグレーション

テストしてデプロイ

ログおよび性能のモニタリング

得られた知識を取り入れ、次のマイグレーションに生かす

継続的モニタリング行ってクラウド環境を運用(年中無休のサポート)

クラウドプロバイダが導入した新機能を生かせるよう、定期的な改善の実施

Stages in クラウドマイグレーション

マイグレーションの実施

クラウドマイグレーションにおいては、簡素化された方法で、アプリケーションを移行してテストします。当社では、ベータ環境を構築し、テストデータを使ってアプリケーションの微調整を行います。新たなクラウド環境の準備が整ったら、製品データをクラウドに移行します。

製品の切り替えは、一括で行うことも、段階的に行うこともできます。アプリケーションをすべてクラウドに移行して、クラウドで動作するか確認します。この間、消費者は、オンプレミスデータベースに変わらずアクセスできます。準備ができたら、クラウドベースデータベースへの片方向同期で、オンプレミススタックからクラウドスタックにトラフィックを切り替えるだけです。

段階的手法の場合は、オンプレミスデータベースとクラウドデータベースの双方向同期で、データの消費者をバッチ処理で移行します。クラウド環境とオンプレミス環境は並行して動作するため、データ、アプリケーションおよびユーザーを、通常の動作を中断することなく段階的に移行できます。各段階でのマイグレーション後にテストと確認を行って、次のバッチに移ります。すべての顧客がクラウドベースのアプリケーションに移行したら、オンプレミスバージョンを削除します。

マイグレーションと確認を行ったら、モニタリング最適化サイクルを開始します。当社の管理されたサービス慣行での実行と維持が可能な定常状態にアプリケーションを移行します。当社の実行規則によって、残りのライフサイクルを通してお客様のアプリの動作を維持し、サポートするのに必要な情報を全員が把握できるようにしています。最初のマイグレーションから得られた知識を生かし、次の一連のアプリケーションまたはサービスのマイグレーション計画を改善・微調整します。

QBurstチーム採用のクラウドマイグレーション手順

Cloud Readiness Assessment
Beta Environment Setup
Migration Strategy
Migration
Continuous Monitoring
Cloud Readiness Assessment

クラウド準備度評価

  • 既存インフラのインベントリを準備
  • 内包される依存性やリスクを評価
  • 最適なクラウドサービスプロバイダの特定
  • 既存環境に取り替わる、または改善する、適切なクラウドツールの提案
  • DRおよび障害許容力オプションを含む最終構築ダイアグラムの計画および準備
  • 関連してかかる時間とコストを測定
Beta Environment Setup

ベータ環境のセットアップ

  • 既存環境のベータ環境をセットアップ
  • テストデータおよびテストデータベースを利用して、アプリケーションをテスト/改善
  • 生産と同等のテストデータをロード後、拡張性をテスト
Migration Strategy

マイグレーション戦略

  • アプリケーションおよびデータベースの段階的マイグレーションを計画
  • マイグレーションに必要な時間を推定し、必要に応じてダウンタイムも推定する
Migration

マイグレーション

  • 新規の自動/非自動生産環境を構築
  • 生産データを移行し、ストレージ、DRおよび障害許容力をセットアップ
  • DNS記録およびその他設定をアップデート
Continuous Monitoring

持続的なモニタリング

  • モニタリングツールのセットアップ
  • ログ、パフォーマンス、レスポンス時間および負荷を監視し続ける

QBurstチーム採用のクラウドマイグレーション手順

特集記事