Inquiry icon START A CONVERSATION

Share your requirements and we'll get back to you with how we can help.

Thank you for submitting your request.
We will get back to you shortly.

ネットワーク性能とセキュリティのクラウドモニタリング

クラウド環境へ作業負荷が移行するにつれて、クラウド基盤のサービスやアプリケーション、インフラの評価、モニタリング、管理がますます重要になっています。さらにはご使用のシステムの健全性を保つためにも、ネットワーク環境全体(物理環境やクラウド環境)のチェックは欠かせません。

クラウドモニタリングを実行する上で、インフラの全階層でのKPIのモニタリングと分析が必要となります。それにあたり重要な指標には、システム/サービスの可用性、レイテンシ、処理能力、応答時間、拡張性、セキュリティ、一顧客あたりのコストが挙げられます。適切なトラッキングや利用状況の最適化も、コストを抑えクラウドスプロールを回避するのに不可欠です。

Performance Monitoring

性能モニタリング

性能モニタリングを導入すれば、本番環境におけるアプリケーションの性能や利用パターンのフィードバックを得ることができます。このフィードバックを利用することで検出時間(TTD)や移行時間(TTM)問題を軽減し、より高い可用性を保つことに繋がります。また、アプリケーションパフォーマンス管理ツールを使えば、お使いのアプリケーション、ITインフラ両方のモニタリング、分析、管理が行えます。これらの自動化ツールは、問題が発生すると即時に弊社DevOpsチームに豊富な診断データを送信します。するとチームはその情報を元に素早く対応し問題解決に移れるため、影響を受けるユーザを最小限にとどめることができるのです。効果的なモニタリングにより、本番環境からのフィードバックに迅速に対応し、ユーザーの満足度を向上させることができます。New Relic APMなどのツールは、代表アプリケーションパフォーマンスモニタリングの的なツールです。

Security Monitoring

セキュリティモニタリング

クラウドで活動する企業にとって、セキュリティは重大な懸念事項の一つだと思います。中でも、ミッションクリティカルなアプリケーションや顧客データをクラウドプラットフォーム上に持っている場合はとりわけそう感じるでしょう。ハイブリッドでマルチクラウド型の展開をすることで、リスクや複雑性も増していきます。あなたのクラウドリソースを確かに守るためには、堅牢なモニタリング体制の導入をもってセキュリティ実装を支えることが重要です。様々なツールやスキャナーで動く自動化リアルタイムモニタリングを使えば、お使いのアプリケーションやインフラの動態を継続的に評価、パターンの洗い出し、潜在的なセキュリティ脆弱性を特定することが可能になります。

ログやアラートによるクラウドモニタリング

Log Monitoring and Analysis

ログモニタリングおよびログ分析

ロギングは、アプリケーションやインフラで生じる問題を解決するのに必要不可欠な存在です。ロギングはお使いのアプリケーションで発生するイベントの詳細なリストを生成し、問題の発生状況を提供するため、問題の原因を突き止めるのに役立ちます。より適切なデータを記録すれば、それだけ問題が発生した際に解決する可能性が高くなります。

ただログファイルが蓄積していくにつれて、検索するのがより困難になることがあります。そのような場合は、Splunkのような市販のツールやELK Stack(Elasticsearch、Logstash、Kibana)等のオープンソースツールを使い、ログデータを収集、検索、可視化することができます。外部モニタリングで得られた情報に照らしてログデータを分析することで、ログデータの価値と重要性を高めることにつながります。

Alert Management

アラート管理

モニタリングソリューションの要である特長は、問題を報告すること。アラートの自動化により、担当チームの迅速な対応が可能となります。

しかしながら、アラートすべてが同等に急を要するわけではありません。重大度の低いアラートについては、作業を中断することなく、将来の参考又は調査用にモニタリングシステムに記録しておきます。対してアプリケーションの応答時間の遅延発生、といった出来事にはすぐに対応する必要があり、特別な措置を要求する重大度の高いアラートをトリガーするよう設定します。従って適切なしきい値の設定はクラウド監視において不可欠な要素となります。

DevOpsライフサイクルでのモニタリング

継続的なモニタリングをすることは、DevOps実行において継続的インテグレーションやデリバリーと同じくらい重要な要素です。開発環境と本番環境を継続してモニタリングすることで、構築作業の加速化、テストの早期実施、高頻度なリリースを実現可能にし、さらに品質の向上とコスト削減を行うこともできます。

合成モニタリングとも知られるプロアクティブモニタリングでは、アプリケーション、API、ウェブサービスとユーザとのやり取りを促進し、実際にユーザが現実で経験する出来事を研究するために行われています。異なる地理的位置、ブラウザ、デバイスからできるモニタリングを実行し、性能に関するフィードバックを収集します。

一方、リアルタイムユーザモニタリング(RUM)では、ユーザとアプリケーションとの実際のトランザクションを記録します。このパッシブモニタリング手法では、バックグラウンドのシステムや追跡応答性、機能性、可用性を観察します。

問題の検出よりも回避に焦点を置きたいと考える機敏性に優れたチームでは、実際のユーザの利用に先立ち、合成モニタリングツールを用いて性能偏差を特定、解消します。CI/CDパイプラインでログ・イベントを管理することで、本番環境にリリースする前のアプリケーションの動態をモニタリングすることができます。また、合成モニタリングから得たデータをRUMデータと統合することで、ユーザ体験の全容を可視化することになります。

クラウドモニタリング ツール

クラウドモニタリングツールは2つの種類に分類されます。

  • CloudWatchといったクラウドプラットフォームが提供しているAWSプラットフォーム上のリソースをモニタリングするツール
  • 独立したプロバイダが提供している第三者ツール。例にSaasを提供するNewRelicや、オープンソースのPrometheusやNagiosがある。

QBurstでは総合的なクラウドモニタリング効果を提供するため、サードパーティツールをプラットフォーム提供のツールと組み合わせて配備します。主なサードパーティツールとしてNagios、Zabbix、NewRelic、ELK、GrayLog、Loggly、PRTG、Icingaが挙げられ、その他に当社独自のカスタムインフラモニタリングツール WebWatch24X7も含め多数存在します。

icinga
prometheus
newrelic
sentry
prtg
graana

クラウドモニタリング のベストプラクティス

  • 全体像を把握するために、指標、フロー、ログを統合させる
  • クラウドサービスの利用状況とコストをモニタリングする
  • 自動アラートおよび未然防止策を設定する
  • 単一プラットフォームを用いて全データを報告させる
  • 重要指標の特定と定義付けをする
  • エンドユーザ体験をAPMツールでモニタリングする
  • モニタリングタスクを自動化する

QBurstモニタリングサービスの強み

  • 24時間365日稼働のサポート体制
  • お使いのアプリケーションに合わせてカスタム化されたモニタリングソリューション
  • 多数のツール・クラウドサービスの運用経験
  • 継続的なトラブルシューティングからボトルネックを特定し、インフラ性能を向上させる
  • サービス品質保証契約(SLA)に基づいた解決時間

お手持ちのクラウドリソースモニタリングのセットアップと管理なら