Inquiry icon

START A CONVERSATION

Share your requirements and we'll get back to you with how we can help.

Thank you for submitting your request.
We will get back to you shortly.

性能とセキュリティのクラウドモニタリング

作業負荷がクラウドにマイグレーションされればされるほど、クラウドベースサービスやアプリケーション、インフラの評価やモニタリング、管理がますます重要になってきます。システムの健全性維持のため、ネットワーク環境全体(物理環境とクラウド環境)をチェックすることも欠かせません。

クラウドモニタリングでは、インフラの全階層でKPIをモニタリングし、分析する必要があります。重要な指標には、システム可用性またはサービスアベイラビリティ、待ち時間、スループット、応答時間、拡張性、セキュリティ、顧客あたりのコストを含められます。最適なトラッキングと利用の最適化も、コストの調整とクラウドスプロールの回避に不可欠です。

Performance Monitoring

性能モニタリング

モニタリングによって、製品から、アプリケーション性能や利用パターンに関するフィードバックが得られます。このフィードバックによって、検出時間(TTD)の問題やマイグレーション時間(TTM)の問題を軽減し、高可用性維持につなげます。アプリケーション、IT環境のいずれについても、アプリケーション性能管理ツールでモニタリングや分析、管理が行えます。これらの自動化ツールは、問題が発生するとすぐ、豊富な診断データをDevOpsチームに送信します。チームはその情報に基づいて行動を起こしてすぐに問題を解決できるため、影響を受けるユーザーを最小限にとどめられます。効果的なモニタリングによって製品からのフィードバックにチームが迅速に対応でき、ユーザー満足度も向上します。New Relic APMといったツールが、代表的なアプリケーション性能モニタリングツールです。

Security Monitoring

セキュリティモニタリング

ミッションクリティカルなアプリケーションや顧客データがクラウドプラットフォーム上にある場合は特に、企業がクラウドで最も懸念するのが、セキュリティです。ハイブリッドな、マルチクラウドデプロイによって、リスクも複雑さも増大します。堅牢なモニタリング体制でセキュリティ実装をサポートし、クラウドリソースを安全に保つ必要があります。ツールやスキャナーによるリアルタイムの自動モニタリングによって、アプリケーション動作やインフラ動作の継続的評価、パターンの識別、セキュリティの脆弱性の可能性の特定が可能になります。

クラウドモニタリングクラウドモニタリング

Log Monitoring and Analysis

ログモニタリングおよびログ分析

ロギングは、アプリケーションやインフラの問題解決に欠かせない要素です。ロギングによって、アプリケーションで発生するイベントの詳細なリストが生成され、問題の発生状況が分かるため、問題の原因を突き止めることができます。関連するデータを記録すればするほど、問題が発生した場合に解決できる可能性が高くなります。

ログファイルのサイズが大きくなるにつれ、すべてを検索することが難しくなる可能性があります。Splunkといった市販のツールや、ELK Stack(Elasticsearch、Logstash、Kibana)などのオープンソースツールを使い、ログデータを収集、検索、可視化できます。外部モニタリングからの情報に照らしてログデータを分析することで、ログデータの価値と重要性が高まります。

Alert Management

アラート管理

問題報告は、モニタリングソリューションの中核的能力です。アラートを自動化することで、報告されたイベントにチームが迅速に対応できます。

とはいえ、すべてのアラートが同等の緊急性を要すわけではありません。重大度の低いアラートに作業を中断してまで対応する必要はないものの、参照用または後日の調査用に、モニタリングシステムに記録しておくことができます。アプリケーション応答時間の遅延といったイベントは即注意を払う必要があり、特別な措置を講じる重大度の高いアラートをトリガーするよう構成できます。したがって、クラウドモニタリングの重要なステップの1つが、アラート閾値を適切に設定することです。

DevOpsライフサイクルでのモニタリング

継続的モニタリングは、継続的インテグレーションや継続的デリバリーと同様に、DevOps実行に欠かせない要素です。試作品と生産環境の両方をモニタリングすることで、ビルドの加速化、早期のテスト、高頻度でのリリースが可能になり、品質向上と共にコスト削減も可能になります。

統合モニタリングとも呼ばれるプロアクティブモニタリングには、実際のユーザーが現実で直面する状況の研究に使われる、アプリケーションとユーザーとのやり取りやAPI、ウェブサービスのシミュレーションなどがあります。モニタリングは、異なる地理的場所、ブラウザーやデバイスで実行され、性能に関するフィードバックを収集します。

一方、リアルタイムユーザーモニタリング(RUM)は、ユーザーとアプリケーションとの実際のトランザクションをキャプチャします。これは、応答性、機能性、可用性を追跡しながら、バックグラウンドでシステムを監視する受動モニタリング手法です。

検出よりも予防に重点を置きたい機敏性に優れたチームは、統合モニタリングツールを活用し、実際のユーザーによる使用に先立って、性能偏差を特定して解決します。CI/CDパイプラインでログとイベントを管理することで、アプリケーションを製品にリリースする前に、アプリケーションの動作をモニタリングできます。統合モニタリングからのデータとRUMデータとを統合することで、ユーザー体験全体を可視化できるようになります。

クラウドモニタリングツール

クラウドモニタリングツールには、次の2つのタイプがあります。

  • CloudWatchなどのクラウドプラットフォームが提供する、AWSプラットフォームでリソースをモニタリングするツール。
  • 独立したプロバイダが提供するサードパーティツール。NewRelicなどのSaaS製品、PrometheusやNagiosなどのオープンソースツールがある。

QBurstでは、プラットフォームが提供する、包括的なクラウドモニタリグ向けツールをサードパーティツールと組み合わせてデプロイします。サードパーティツールには、当社のインフラモニタリングカスタムツールであるWebWatch24X7と連携する、Nagios、Zabbix、NewRelic、ELK、GrayLog、Loggly、PRTG、Icingaをはじめ、他にも多数あります。

icinga
prometheus
newrelic
sentry
prtg
graana

クラウドモニタリングBest Practices

  • 指標、流れ、ログを統合して、全体像をつかむ
  • クラウドサービスの利用とコストをモニタリングする
  • 自動アラートおよび未然防止策をセットアップする
  • 単一のプラットフォームを活用して、すべてのデータを報告する
  • 重要な指標を識別し、明らかにする
  • エンドユーザー体験を、APMツールによってモニタリングする
  • モニタリングタスクを自動化する

QBurstモニタリングサービスの強み

  • 年中無休体制のサポートチーム
  • お客様のアプリケーションに基づいて作成する、モニタリングのカスタムソリューション
  • 複数のツールやクラウドサービスを体験できる
  • 継続的なトラブルシューティングによってボトルネックを特定し、インフラ性能を向上させる
  • サービス内容合意書(SLA)に基づく解決時間

クラウドリソースモニタリングのセットアップと管理なら、