Inquiry icon START A CONVERSATION

Share your requirements and we'll get back to you with how we can help.

Thank you for submitting your request.
We will get back to you shortly.

ロボティック・オートメーションでプロセス効率を加速

お手持ちのルールベースのプロセスを自動化して、仕事をより早く正確にこなしましょう。別のアプリと予測できる形でやり取りする反復的プロセスは、ロボット主導の自動化に適しています。当社はお客様のビジネスプロセス自動化の適用性を見極めるサポートをします。

インテリジェント・オートメーション導入への知的オートメーション

繰り返し作業を自動化

人による単純作業をロボットに置き換えましょう。人間の行動を模倣するよう造られたソフトウェアボットなら、膨大な繰り返し作業を短い納期でこなすことができます。これによりスタッフは付加価値活動に集中できるようになります。

認知技術でさらなる展開

機械学習、自然言語処理、音声認識などの認知技術が組み込まれたソフトウェアロボットは、判断が必要な高次元タスクをこなせるようになります。強力なアナリティクスと掛け合わせれば、認知RPAはさらなる顧客満足度を実現できます。

繰り返し作業を自動化

人による単純作業をロボットに置き換えましょう。人間の行動を模倣するよう造られたソフトウェアボットなら、膨大な繰り返し作業を短い納期でこなすことができます。これによりスタッフは付加価値活動に集中できるようになります。

認知技術でさらなる展開

機械学習、自然言語処理、音声認識などの認知技術が組み込まれたソフトウェアロボットは、判断が必要な高次元タスクをこなせるようになります。強力なアナリティクスと掛け合わせれば、認知RPAはさらなる顧客満足度を実現できます。

ロボティック・プロセス・オートメーション導入のメリット

Saves Time

時間短縮

ソフトウェアボットは休みなく作業を続けられるため、納品までの時間を短縮することができます。

Boosts Efficiency

飛躍的な効率性

ボットに単純作業を任せることで、頭脳労働者を付加価値を生む業務に配置することができます。

Enhances Service

サービスの拡大

ボットの導入で手作業に伴うミスや不一致が生じる可能性が無くなり、顧客満足度の向上に寄与します。

Improves Compliance

コンプライアンスの改善

自動化ソリューションを利用することで、全工程の追跡、法令および標準作業手順書の確実な遵守を可能にします。

Increases Scalability of Operations

業務の拡張性を高める

自動化をすることで、追加のリソースやコストをかけずとも簡単に業務の拡張ができるようになります。

Delivers High ROI

高いROIを提供

RPA導入でもたらされる時間・コスト・品質面での利点は、累積的に投資収益率にも貢献します。

時間短縮

ソフトウェアボットは休みなく作業を続けられるため、納品までの時間を短縮することができます。

飛躍的な効率性

ボットに単純作業を任せることで、頭脳労働者を付加価値を生む業務に配置することができます。

サービスの拡大

ボットの導入で手作業に伴うミスや不一致が生じる可能性が無くなり、顧客満足度の向上に寄与します。

コンプライアンスの改善

自動化ソリューションを利用することで、全工程の追跡、法令および標準作業手順書の確実な遵守を可能にします。

業務の拡張性を高める

自動化をすることで、追加のリソースやコストをかけずとも簡単に業務の拡張ができるようになります。

高いROIを提供

RPA導入でもたらされる時間・コスト・品質面での利点は、累積的に投資収益率にも貢献します。

ロボティック・プロセス・オートメーションの導入例

コンプライアンス管理

これまで法令遵守のテストはチェックリストを使って手作業で実施されてきました。コンプライアンステスト実施にボットを導入することで、継続的な監視を可能にし、規制上の要件や内部ポリシーの準拠を確実にすることができます。

給与計算

給与計算にRPAを導入すれば、毎月組織として長時間費やしていた膨大な量のタスクを効果的に処理することが可能になります。ボットならタイムカード、休暇日数、経費精算を正確に検証し、システム間のデータを素早く認証して給与計算を行います。

コンテンツ管理

複数ソースのデータ集約、イベント駆動型データの集約、書類の変更履歴のトラッキング、書類分類といったさまざまな書類管理の場面にRPAを応用することができます。

人材獲得

ソフトウェアボットを用いれば複数のプラットフォームから履歴書を集約、整理、質を評価、そして最適な人材を探し出します。これによりスパムを減らし、採用プロセスを一元化することでリクルーターの負荷を軽減することにつながります。

調達管理

購買請求に伴うルールベースの手動プロセスは自動化することができます。これにより請求書処理や支払予定管理におけるミスや遅延を減らすことに繋がります。企業は調達プロセスを自動化することで、格段な効率性アップとコスト削減を実現できます。

需要と供給監視

ソフトウェアボットで生産プロセスを監視し、リアルタイムで報告させることが可能になります。これでメーカー側は適正な在庫水準を保ち、消費者の需要動向の変化に対して稼働率を調整することができるようになります。

コンプライアンス管理

これまで法令遵守のテストはチェックリストを使って手作業で実施されてきました。コンプライアンステスト実施にボットを導入することで、継続的な監視を可能にし、規制上の要件や内部ポリシーの準拠を確実にすることができます。

給与計算

給与計算にRPAを導入すれば、毎月組織として長時間費やしていた膨大な量のタスクを効果的に処理することが可能になります。ボットならタイムカード、休暇日数、経費精算を正確に検証し、システム間のデータを素早く認証して給与計算を行います。

コンテンツ管理

複数ソースのデータ集約、イベント駆動型データの集約、書類の変更履歴のトラッキング、書類分類といったさまざまな書類管理の場面にRPAを応用することができます。

人材獲得

ソフトウェアボットを用いれば複数のプラットフォームから履歴書を集約、整理、質を評価、そして最適な人材を探し出します。これによりスパムを減らし、採用プロセスを一元化することでリクルーターの負荷を軽減することにつながります。

調達管理

購買請求に伴うルールベースの手動プロセスは自動化することができます。これにより請求書処理や支払予定管理におけるミスや遅延を減らすことに繋がります。企業は調達プロセスを自動化することで、格段な効率性アップとコスト削減を実現できます。

需要と供給監視

ソフトウェアボットで生産プロセスを監視し、リアルタイムで報告させることが可能になります。これでメーカー側は適正な在庫水準を保ち、消費者の需要動向の変化に対して稼働率を調整することができるようになります。

RPA Enables Work From Home

RPA導入で在宅勤務を実現

RPA導入でプロセスが自動化され、ワークフローの合理化、さらにはITシステムとのシームレスな接続を可能にすることで人が間に入るニーズは大幅に減ります。

労働集約型の膨大な量のタスクの大半は、人が介入することなくタスクを完了できるロボットで代替可能です。これは、研究において創造性とイノベーションを促進することが実証されている在宅勤務の実現可能性を切り拓くものとなるでしょう。

認知RPAを活用した文書処理

煩雑なコンテンツを自動化するには、自然言語の理解、非構造化データの処理、パターン認識、様々なケースに対応するよう自主学習できるより高度なロボットが必要になります。ルールベースの自動化と認知技術を統合すれば、人の動きをマネする高性能ロボットを提供することが可能になります。

当社では機械学習、自然言語処理、コンピュータビジョン、光学式文字認識(OCR)、ビッグデータ解析といった技術を組み合わせることで、受注処理、請求書処理、保険請求処理、ローン/住宅ローン処理、顧客のオンボーディング等を自動化するソリューション構築のお手伝いをいたします。

顧客のオンボーディング

金融サービス部門における法令遵守では、銀行や他の組織の様々なサービスに利用するため顧客から多種類の公的書類を収集することが求められます。銀行が新規顧客のリスク査定をする上で重要となるオンボーディングプロセスが顧客管理(CDD)です。KYCと言われる本人確認書類(Know Your Customerの略)の認証は、一支店で一日何百件もの数を扱うことがあるため、手作業で行うには大変な作業です。

OCRエンジン搭載のRPAツールを用いれば、KYC書類からデータを抽出し所定要件に照らし合わせて認証することが可能になります。このプロセスを自動化することでオンボーディングの遅れを軽減し、ルール順守を確立すると同時に、顧客体験の向上につなげることができます。

Automation Workflow for Customer Onboarding

保険引受査定

RPAソフトウェアは異なるソースのデータを共通の場所にまとめることができるため、引受査定者が申請者の契約資格の決定を下すのに役立ちます。例えば、自動車保険会社の引受査定者は申請者一人一人の犯罪歴や自動車関連の事故歴を確認する必要があります。また、過去の保険金請求について他の保険会社に照会することもあります。

一方、生命保険におけるリスク要因は疾病歴、家族の情報、個人の生活習慣が挙げられます。医療データやソーシャルメディアのデータ収集に自動化ツールを利用することで、リスクプロファイリングの精度とスピードを格段に上げることができます。機械学習を使った予測モデリングを適用することでリスクスコアを磨くことができます。また人工知能を利用することで、顧客動向に基づいた保険料の動的な設定を可能にします。

AI書類処理

顧客のオンボーディング

金融サービス部門における法令遵守では、銀行や他の組織の様々なサービスに利用するため顧客から多種類の公的書類を収集することが求められます。銀行が新規顧客のリスク査定をする上で重要となるオンボーディングプロセスが顧客管理(CDD)です。KYCと言われる本人確認書類(Know Your Customerの略)の認証は、一支店で一日何百件もの数を扱うことがあるため、手作業で行うには大変な作業です。

OCRエンジン搭載のRPAツールを用いれば、KYC書類からデータを抽出し所定要件に照らし合わせて認証することが可能になります。このプロセスを自動化することでオンボーディングの遅れを軽減し、ルール順守を確立すると同時に、顧客体験の向上につなげることができます。

保険引受査定

RPAソフトウェアは異なるソースのデータを共通の場所にまとめることができるため、引受査定者が申請者の契約資格の決定を下すのに役立ちます。例えば、自動車保険会社の引受査定者は申請者一人一人の犯罪歴や自動車関連の事故歴を確認する必要があります。また、過去の保険金請求について他の保険会社に照会することもあります。

一方、生命保険におけるリスク要因は疾病歴、家族の情報、個人の生活習慣が挙げられます。医療データやソーシャルメディアのデータ収集に自動化ツールを利用することで、リスクプロファイリングの精度とスピードを格段に上げることができます。機械学習を使った予測モデリングを適用することでリスクスコアを磨くことができます。また人工知能を利用することで、顧客動向に基づいた保険料の動的な設定を可能にします。

RPAソリューションの効果

表面的な自動化のみ実装する場合、RPAは費用対効果の面で企業内アプリケーション統合(EAI)に取って代わる選択肢として認識されています。RPAツールは侵食することなくレガシーシステムと相互作用します。アプリケーションへのアクセスはまるで人間が操作するようにユーザインタフェースから行い、核のプラットフォームに支障をきたすこと無くデプロイ可能です。

RPAプラットフォームはビジネスユーザーのアクションを記録し、同じアクションを行うための実行スクリプトを生成します。または、ビジネスユーザーやソフトウェア開発者が同様に使用できるボットを作成するグラフィックツールを提供します。

Jiffy

企業レベルのセキュリティと高度な分析機能を備えたJiffyはシングルスタックの自動化ソリューションで、プロセスの間に学習と改良を行いながら単一ページ、複数ページの文書を処理することができます。

Automation Anywhere

オンデマンドのソフトウェアボットからプロセスを自己改良するコグ二ティブボットまで、オートメーション・エニウェアならリアルタイムの分析能力を組み込んだ高品質RPAプラットフォームを提供します。

IiPath

UiPathはMicrosoftやGoogle等の認知サービスとの統合を容易に可能にする、柔軟なアーキテクチャで構築された簡単にコードが書けるツールです。

Blue Prism

RPAの先駆者であるBlue Prismはバックオフィスの繰り返し作業を自動化し、MS Office スイート、SAP、データベース、その他ウェブアプリケーションを統合するのに最適です。

Jiffy.ai

Jiffy

企業レベルのセキュリティと高度な分析機能を備えたJiffyはシングルスタックの自動化ソリューションで、プロセスの間に学習と改良を行いながら単一ページ、複数ページの文書を処理することができます。

Automation Anywhere

Automation Anywhere

オンデマンドのソフトウェアボットからプロセスを自己改良するコグ二ティブボットまで、オートメーション・エニウェアならリアルタイムの分析能力を組み込んだ高品質RPAプラットフォームを提供します。

Ui Path

IiPath

UiPathはMicrosoftやGoogle等の認知サービスとの統合を容易に可能にする、柔軟なアーキテクチャで構築された簡単にコードが書けるツールです。

Blue Prism

Blue Prism

RPAの先駆者であるBlue Prismはバックオフィスの繰り返し作業を自動化し、MS Office スイート、SAP、データベース、その他ウェブアプリケーションを統合するのに最適です。

RPAを自社に実装するーGIADAアプローチ

Implementing RPA

ロボットによる自動化を成功させるには、計画と実装を慎重に行うことが求められます。RPA導入への道のりの第一歩目は、お客様の企業内の様々なプロセスを研究することから始めるべきです。これは記録されていないプロセスを把握し、ナレッジリポジトリを構築するのに役立ちます。

自動化するプロセスの特定ができたら、次はプロセス・自動化の専門家が実装可能な自動化レベルを検討します。自動化の適用性を最大化するため、再設計が必要となるプロセスが出てくる場合もあります。ここでの目標は「As-Is」(現状)のプロセスフローを「To-Be」(理想)のワークフローにマッピングすることであり、後者は最小限の介入をもって最大限の自動化を実現できます。お客様のニーズに合わせてカスタマイズされた自動化モデルとともにRPAソリューションを実装していきましょう。

企業のRPA実装におけるステップ

収集 特定 構築 開発&デプロイ 分析
プロセスマイニングとプロセスリポジトリの作成 現状(As-Is)から理想(To-Be)のワークフローにマッピング ソリューション設計 自動化とテスト ベネフィットトラッキング
RPA適用業務評価 実装計画概要 技術設計文書 欠陥マネジメントとデプロイ トランザクションデイリーレポート
実装と設定 インシデント/変更管理報告

RPA実装を拡張する

RPAを組織横断的に展開し価値を引き出すには、専用のセンターオブエクセレンス(CoE)が必要となります。RPA CoEは組織、ガバナンス、技術、プロセス、運用などの面を監督しながら自動化のイニシアチブを遂行します。

RPAイニシアチブが企業全体の戦略として認められたら、次はそれを掲げて自動化へ向けた健全なパイプラインを確立させる能力のある人物を選び出す必要があります。プロセスの専門家がRPAビジネスアナリストとしてプロセスを特定し、マッピングする役目を担えるでしょう。

RPAソリューションアーキテクトはお客様の自動化ツールの選択、企業の他の領域と統合する技術ソリューションの設計をお手伝いします。RPAデベロッパーは特定されたプロセスの自動化ワークフローを構築し、ソリューションをテストします。デプロイチームは実装、設定、継続的な監視、トラブルシューティングを担当します。

RPA Sponsor

RPAスポンサー

RPAを戦略として確立

Client
RPA Evangelist

RPAエヴァンジェリスト

実装を促進

QBurst
or
Client
Business Analyst

ビジネスアナリスト

プロセスの特定、分析、マッピング

QBurst
Solution Architect

ソリューションアーキテクト

RPAソリューションを設計

QBurst
Developer

デベロッパー

自動化ワークフローの構築・検証

QBurst
IT Support Engineer

ITサポートエンジニア

ソリューションをデプロイ、監視する

QBurst
RPA CoEの主な役割

RPA CoEの主な役割

Client
取引先
QBurst
QBurst

RPAスポンサー

RPAを戦略として確立

RPAエヴァンジェリスト

実装を促進

ビジネスアナリスト

プロセスの特定、分析、マッピング

ソリューションアーキテクト

RPAソリューションを設計

デベロッパー

自動化ワークフローの構築・検証

ITサポートエンジニア

ソリューションをデプロイ、監視する

RPA実装にアジャイルアプローチを採用することで柔軟性をもたらし、またリスク抑制を可能とします。繰り返し生産される製品の提供を、短い開発サイクルで行うことが可能になります。

QBurstでは短期集中型で厳格なテストを行うアジャイル方式を採用することで、迅速で高品質な提供を実現しました。そこでパイロットプロジェクトをデプロイし、得た学びを最終デプロイを改良するために活用します。監視と結果の検証から自動化の最適化を行い、より優れた結果を出すことに繋げています。

お客様の企業のRPAジャーニーは、ある程度シンプルなものの大量で時間のかかる業務を自動化させることから始められます。これらタスクを自動化したら、複数の担当者が携わるプロセスや部署間協働のより複雑なプロセスの自動化に続きます。業務の自動化から部署全体の自動化へと進み、さらには部署間のプロセスにも対応していき、RPAを組織全体にスムーズに拡張することを実現します。

RPA CoEの設立

拡張可能で機能的なRPA環境を構築するためには、各役割と責任範囲の明確な定義、実装にあたっての自動化ツールの実用経験が必要となります。

当社はRPAパートナーとしてお客様のRPA センターオブエクセレンスの設立を支援し、お客様特有のニーズに沿った自動化ソリューションをカスタム開発いたします。当社のRPA経験は多様なプロセスに対応しており、お客様のロボティックオートメーションソリューションを実装するために様々な主要RPAプラットフォームを操ることが可能です。

詳しくは当社チームにお問い合わせください。

よくあるご質問

ロボティックオートメーションに最適なプロセスは何でしょうか?

自動化に適したプロセスを特定することがRPA導入の成功への第一歩です。自動化に適した業務内容に共通する特徴は次の通りです。

繰り返しの多い、一定の業務

ロボティックオートメーションは明確に順序付けられたルーチン作業に適用することができます。こういったタスクは繰り返しで決められたパターンから逸脱することが無いため、ロボットが実行するのに適していると言えます。

大量で時間がかかる業務

膨大な量があり時間がかかる事務作業は間違いなく自動化するべきでしょう。

RPAとBPM、どちらが良いでしょうか?

結論から言えば、どちらか一方を選ぶ必要はありません。RPAはBPMと同様、企業の自動化を実現するためにある数あるツールの一つにすぎません。調査過程において、自動化の恩恵を受けられるプロセスを数多く特定できるかもしれません。同時に、自動化がもたらす最大限の効率性を生み出すためには自動化前に再構築が必要となるプロセスも見つかるでしょう。

RPAは中小企業向けですか?

その通りです!中小企業は限られた人材の中で無駄の無いオペレーションを持続させることに注力しています。テクノロジーと言うと大規模な投資のように聞こえるかも知れませんが、RPAは新規雇用にかかる費用のほんの一部のコストだけで中小企業の拡張展開、大企業との競争を実現可能にするのです。

RPA導入のメリットとは?

最大のメリットはコスト削減しながらも拡張性と品質向上を見込めることだと言えます。その他のメリットは次のようなものがあります。

モラルの向上

ボットが退屈な作業を担うことで、人間の知恵を創造的で付加価値の高い活動に向けることができます。従業員は自分の価値を認められ、生産性が上がったと感じるでしょう。

効率性の向上

RPAは、プロセスに関するデータを大量にもたらします。企業はその情報を利用してワークフローを改良することで、より高い効率性が得られます。

RPA実装におけるプロセスマイニングの意義とは?

成功するRPAプロジェクトではプロセスマイニングを実行しています。プロセスマイニングツールはあるタスクを完了するための手順(As-Isプロセス)を明確にするために用いられます。また、プロセスにおけるボトルネックや非効率的な箇所の特定にも役立ちます。端的に言うと、プロセスマイニングは自動化に最適なタスクを探し出すガイドの役割を担っているのです。

RPA実装でデータセキュリティやコンプライアンスが危険に晒されてしまいますか?

企業レベルのRPAプラットフォームのほとんどはセキュリティがビルトインされた形で自動化を提供しています。Jiffy等のツールはロールベースアクセス制御(RBAC)や堅牢な認証情報管理、総合的な監査証跡をもってセキュリティ要件とコンプライアンス要件を満たすことを可能にします。