Inquiry icon

START A CONVERSATION

Share your requirements and we'll get back to you with how we can help.

Thank you for submitting your request.
We will get back to you shortly.

ロボットオートメーションでプロセスの効率を促進

ルールベースのプロセスを自動化して、作業をより早く正確にできます。予測可能な形で他アプリケーションと相互作用する反復的プロセスは、ロボット主導の自動化に適しています。ビジネスプロセス自動化の可能性を特定するサポートをいたします。

2つのステップ知的オートメーション

繰り返しの多いタスクを自動化

単調作業を人からボットに置き換えましょう。ソフトウェアボットは人の行動を真似るよう構築されており、大量の繰り返しタスクを処理することで納品までのスピードを向上します。そのためより価値の高い業務に集中できます。

認知技術でさらに成長を

機械学習、自然言語処理、音声認識などの認知技術を取り入れたソフトウェアロボットは、判断力を必要とする、高次元のタスクを行うことができるようになります。強力な分析論と組み合わせることで、認知RPAはさらなる顧客満足度を実現できます。

繰り返しの多いタスクを自動化

単調作業を人からボットに置き換えましょう。ソフトウェアボットは人の行動を真似るよう構築されており、大量の繰り返しタスクを処理することで納品までのスピードを向上します。そのためより価値の高い業務に集中できます。

認知技術でさらに成長を

機械学習、自然言語処理、音声認識などの認知技術を取り入れたソフトウェアロボットは、判断力を必要とする、高次元のタスクを行うことができるようになります。強力な分析論と組み合わせることで、認知RPAはさらなる顧客満足度を実現できます。

利点ロボット処理オートメーションの

Saves Time

時間短縮

ソフトウェアボットは休みなく作業が続けられるため、納品までの時間を短縮できます。

Boosts Efficiency

効率性の向上

ボットが単純作業を担うため、専門知識を有する作業者をより付加価値の高いポジションに配置することができます。

Enhances Service

サービスの拡大

ボットは手作業に伴うミスや不一致の可能性を排除することで顧客満足度の向上に寄与します。

Improves Compliance

コンプライアンスの向上

自動化ソリューションは、すべての段階を追跡し、規制や標準的な作業手順へのコンプライアンスを確保することができます。

Increases Scalability of Operations

業務の拡張性を広げる

自動化により、追加のリソースやコストをかけずとも、簡単に業務を拡大することができます。

Delivers High ROI

高いROIを提供

RPAによってもたらされる時間、コスト、品質の利点は、投資収益率の向上にも、積極的に貢献します。

時間短縮

ソフトウェアボットは休みなく作業が続けられるため、納品までの時間を短縮できます。

効率性の向上

ボットが単純作業を担うため、専門知識を有する作業者をより付加価値の高いポジションに配置することができます。

サービスの拡大

ボットは手作業に伴うミスや不一致の可能性を排除することで顧客満足度の向上に寄与します。

コンプライアンスの向上

自動化ソリューションは、すべての段階を追跡し、規制や標準的な作業手順へのコンプライアンスを確保することができます。

業務の拡張性を広げる

自動化により、追加のリソースやコストをかけずとも、簡単に業務を拡大することができます。

高いROIを提供

RPAによってもたらされる時間、コスト、品質の利点は、投資収益率の向上にも、積極的に貢献します。

導入先ロボット処理オートメーションの

コンプライアンス管理

従来は、規制に対するコンプライアンステストは、チェックリストを用いて手作業で行われてきました。コンプライアンステストにボットを使用することで、継続的なモニタリングが可能になり、規制要件や社内方針への遵守性が向上します。

給与計算処理

ロボットによるプロセスの自動化は、給与計算処理に適用できます。これによって、組織が毎月直面している、時間のかかる大量のタスクが効率的に処理できます。ボットはタイムカード、有給、還付を正確に検証するため、システム全体のデータを迅速に検証して、給与計算を行うことができます。

コンテンツ管理

RPAは、様々な文書管理シナリオに適用できます。これには、異なるソースから集約されたデータやイベント駆動型のデータ集約、文書のバージョン変更歴の追跡、文書の分類などが含まれます。

人材の確保

ソフトウェアボットを使用して、様々なプラットフォームから履歴書を集め、整理し、その中の価値のある項目にアクセスすることで、最も適した履歴書を特定することができます。これにより、的外れな応募者情報を排除しつつ、採用プロセスを簡易化することで、採用担当者の手間が省けます。

調達管理

購入請求に関わる、ルールベースの手動プロセスを自動化できます。これにより、請求書処理、支払の予定管理のミスや遅延を減らすことができます。企業は、調達のプロセスを自動化することで、大幅な効率かとコスト削減が実現できます。

需要と供給のモニタリング

ソフトウェアロボットは、生産の工程を監視することで、リアルタイムでレポートを送信できます。これにより、製造者は最適な在庫量を維持しつつ、顧客の需要パターンの変化に対して生産量を調整することができます。

コンプライアンス管理

従来は、規制に対するコンプライアンステストは、チェックリストを用いて手作業で行われてきました。コンプライアンステストにボットを使用することで、継続的なモニタリングが可能になり、規制要件や社内方針への遵守性が向上します。

給与計算処理

ロボットによるプロセスの自動化は、給与計算処理に適用できます。これによって、組織が毎月直面している、時間のかかる大量のタスクが効率的に処理できます。ボットはタイムカード、有給、還付を正確に検証するため、システム全体のデータを迅速に検証して、給与計算を行うことができます。

コンテンツ管理

RPAは、様々な文書管理シナリオに適用できます。これには、異なるソースから集約されたデータやイベント駆動型のデータ集約、文書のバージョン変更歴の追跡、文書の分類などが含まれます。

人材の確保

ソフトウェアボットを使用して、様々なプラットフォームから履歴書を集め、整理し、その中の価値のある項目にアクセスすることで、最も適した履歴書を特定することができます。これにより、的外れな応募者情報を排除しつつ、採用プロセスを簡易化することで、採用担当者の手間が省けます。

調達管理

購入請求に関わる、ルールベースの手動プロセスを自動化できます。これにより、請求書処理、支払の予定管理のミスや遅延を減らすことができます。企業は、調達のプロセスを自動化することで、大幅な効率かとコスト削減が実現できます。

需要と供給のモニタリング

ソフトウェアロボットは、生産の工程を監視することで、リアルタイムでレポートを送信できます。これにより、製造者は最適な在庫量を維持しつつ、顧客の需要パターンの変化に対して生産量を調整することができます。

RPA Enables Work From Home

RPAによって、自宅からの作業が可能に

RPAがプロセスを自動化し、ワークフローを簡易化し、ITシステムとシームレスに接続することで、人間の介入があまり必要なくなります。

労働集約的で大量のタスクのほとんどは、わずかな人間の介入のみでタスクを開始から完了までをロボットが引き継ぎます。これは、研究においては創造性とイノベーションを促進することが実証されている、在宅ワークへの道筋を切り開くものです。

RPAの利用文書処理への認知的

構造化が進んでいないコンテンツの自動化には、自然言語を理解し、構造化前のデータを処理し、パターンを認識し、異なる問題を処理することを自主学習できる、より高度なロボットが必要です。ルールベースの自動化と認知技術を統合すれば、人間の活動を模倣できる高知能なロボットが実現できます。

機械学習、自然言語処理、コンピュータビジョン、光学式文字認識(OCR)、ビッグデータ分析などの技術を組み合わせ、受注処理、請求書処理、クレーム処理、ローン・貸付金処理、顧客へのオンボーディングなどを自動化するためのソリューションを構築できます。

顧客へのオンボーディング

金融サービス部門では、規制遵守のため、銀行などが様々なサービスのために顧客から異なる種類の公文書を集めることが求められています。顧客のデューデリジェンス(CDD)は銀行が新規顧客のリスクを評価するのに役立つ重要なオンボーディングのプロセスです。KYC(Know Your Customerの略:「顧客の理解」の意)書類の確認は、一つの拠点で一日何百件もの数にも上る可能性があるため、手作業で行うには大変な作業です

OCRエンジンを搭載したRPAツールを用いて、KYC文書からデータを抽出し、所定の規定に照らし合わせて検証することができます。このプロセスを自動化することで、オンボーディングの遅れを減らし、ルールを確実に遵守しつつ、顧客体験の向上が見込めます。

Automation Workflow for Customer Onboarding

保険引受

RPAソフトウェアを使用して、異なるソースからのデータを共通の場所で照合することが可能になり、引受人が申請者の契約資格を決定できます。例えば、自動車保険会社の引受人は、各申請者の犯罪歴や、自動車に関連する事故歴を確認する必要があります。また、過去の車両の保険金請求について、他の保険会社に確認することもあります。

生命保険の場合、リスクに影響を与える要因には、病歴、家族構成や個人の活動などがあります。リスクプロファイリングの精度とスピードは、自動化ツールを使用して医療データやソーシャルメディアのデータを集めることで、大幅に向上します。機械学習アルゴリズムを用いた予測モデリングを適用することで、リスクの点数化の正確性を向上できます。人工知能は、顧客の行動に基づく保険の価格制定を動的に変更するために適用することもできます。

顧客へのオンボーディング

金融サービス部門では、規制遵守のため、銀行などが様々なサービスのために顧客から異なる種類の公文書を集めることが求められています。顧客のデューデリジェンス(CDD)は銀行が新規顧客のリスクを評価するのに役立つ重要なオンボーディングのプロセスです。KYC(Know Your Customerの略:「顧客の理解」の意)書類の確認は、一つの拠点で一日何百件もの数にも上る可能性があるため、手作業で行うには大変な作業です

OCRエンジンを搭載したRPAツールを用いて、KYC文書からデータを抽出し、所定の規定に照らし合わせて検証することができます。このプロセスを自動化することで、オンボーディングの遅れを減らし、ルールを確実に遵守しつつ、顧客体験の向上が見込めます。

保険引受

RPAソフトウェアを使用して、異なるソースからのデータを共通の場所で照合することが可能になり、引受人が申請者の契約資格を決定できます。例えば、自動車保険会社の引受人は、各申請者の犯罪歴や、自動車に関連する事故歴を確認する必要があります。また、過去の車両の保険金請求について、他の保険会社に確認することもあります。

生命保険の場合、リスクに影響を与える要因には、病歴、家族構成や個人の活動などがあります。リスクプロファイリングの精度とスピードは、自動化ツールを使用して医療データやソーシャルメディアのデータを集めることで、大幅に向上します。機械学習アルゴリズムを用いた予測モデリングを適用することで、リスクの点数化の正確性を向上できます。人工知能は、顧客の行動に基づく保険の価格制定を動的に変更するために適用することもできます。

RPAソリューションの効果

表面的な自動化を行うだけでは、RPAは企業アプリケーションの統合(EAI)に代わる、費用対効果の高い選択肢の一つとして認識されています。RTAツールは、レガシーシステムを浸食することなく、相互に作用します。RPAは、人間のオペレータと同様、ユーザーインターフェスからアプリケーションにアクセスし、コアプラットフォームに支障をきたくことなく展開可能です。

RPAプラットフォームは、ビジネスユーザーの行動を記録し、同じアクションを行う実行スクリプトを生成します。また、ビジネスユーザーやソフトウェア開発者が同じように使用できるボットを作成するグラフィックツールも提供しています。

Jiffy

企業用セキュリティと高度な分析機能を備えたJiffyは、複数ページの文書を処理するシングルスタックの自動化ソリューションで、処理の過程で学習と改善を同時に行います

Automation Anywhere

オンデマンドのソフトウェアボットから、自己プロセス改善機能を備えた認知ボットまで、オートメーション・エニウェアは、リアルタイムの分析機能を統合した高品質のRPAプラットフォームを提供します。

IiPath

UiPathは、MicrosoftやGoogleなどの認知サービスとの統合を可能にする、柔軟なアーキテクチャで構築された、容易にコード化できるツールです。わかりやすいドラッグアンドドロップ形式のインターフェースで、作業も快適です。

Blue Prism

ロボティックプロセス自動化のパイオニア、Blue Prismは、バックオフィスの反復的なタスクを自動化し、MS Office Suite、SAP、データベースやその他のWebアプリケーションとの統合に最適です。

Jiffy.ai

Jiffy

企業用セキュリティと高度な分析機能を備えたJiffyは、複数ページの文書を処理するシングルスタックの自動化ソリューションで、処理の過程で学習と改善を同時に行います

Automation Anywhere

Automation Anywhere

オンデマンドのソフトウェアボットから、自己プロセス改善機能を備えた認知ボットまで、オートメーション・エニウェアは、リアルタイムの分析機能を統合した高品質のRPAプラットフォームを提供します。

Ui Path

IiPath

UiPathは、MicrosoftやGoogleなどの認知サービスとの統合を可能にする、柔軟なアーキテクチャで構築された、容易にコード化できるツールです。わかりやすいドラッグアンドドロップ形式のインターフェースで、作業も快適です。

Blue Prism

Blue Prism

ロボティックプロセス自動化のパイオニア、Blue Prismは、バックオフィスの反復的なタスクを自動化し、MS Office Suite、SAP、データベースやその他のWebアプリケーションとの統合に最適です。

RPAを自社に導入する―GIADAアプローチ

Implementing RPA

ロボットによる自動化を成功させるには、計画と実装を慎重に行う必要があります。RPA実装への道程は、企業内の様々なプロセスの研究から始める必要があります。ここで学ぶことは、文書化されていないプロセスを把握し、ナレッジリポジトリを作るのに役立ちます。

自動化するプロセスの特定が終われば、プロセスと自動化が一体となり、どの程度の自動化が可能なのかを考えることができます。プロセスによっては、自動化可能部分を最大化するために再設計する必要があります。ここでの目標は、As-Is(現状)のプロセスの流れをTo-Be(求める形)へのワークフローにマッピングすることであり、最小のマンパワーと最大の自動化効率を実現するためのものです。ニーズに合わせてカスタマイズした自動化モデルにより、RPAソリューションの導入を進められます。

企業RPA導入における活動

収集する 特定する 構築する 開発して展開する 分析する
プロセスマイニングとプロセスリポジトリの構築 As-Is(現状)からTo-Be(求める形)のマッピング ソリューション設計 自動化とテスト ベネフィットの追跡
RPA導入機会評価 高レベル導入計画 技術設計文書 不具合の管理と展開 日次取引実行報告
実装と設定 インシデント・変更管理報告

拡張RPA実装の

RPAを組織全体に展開して価値を引き出すには、企業は専用のセンターオブエクセレンス(CoE)を必要とします。RPA CoEは、組織、ガバナンス、技術、プロセス、業務などの側面を監督し、自動化イニシアチブを推進します。

RPAのイニシアチブが企業全体の戦略として決定された後、それを掲げて、自動化のための健全なパイプライン確保を推進できる人物を決める必要があります。プロセスの専門家は、プロセスを特定しマッピングするRPAビジネスアナリストとして活動できます。

RPAソリューションアーキテクトは、自動化ツールを選択肢、企業におけるその他の領域を統合する技術ソリューションの設計に使用します。RPA開発者らは、特定されたプロセスの自動化ワークフローを構築し、ソリューションをテストします。デプロイチームが実装、設定、継続的モニタリング、トラブルシューティングを担当していただきます。

RPA Sponsor

RPAスポンサー

RPAを戦略として確立

Client
RPA Evangelist

RPAエヴァンジェリスト

実装を促進

QBurst
or
Client
Business Analyst

ビジネスアナリスト

プロセスの特定、分析、マッピング

QBurst
Solution Architect

ソリューションアーキテクト

RPAソリューションを設計

QBurst
Developer

デベロッパー

自動化のワークフローを構築・検証

QBurst
IT Support Engineer

ITサポートエンジニア

ソリューションの展開とモニタリング

QBurst
RPA CoEの主な役割

RPA CoEの主な役割

Client
顧客
QBurst
QBurst

RPAスポンサー

RPAを戦略として確立

RPAエヴァンジェリスト

実装を促進

ビジネスアナリスト

プロセスの特定、分析、マッピング

ソリューションアーキテクト

RPAソリューションを設計

デベロッパー

自動化のワークフローを構築・検証

ITサポートエンジニア

ソリューションの展開とモニタリング

RPAの実装にアジャイルなアプローチを採用することで、柔軟性が高まり、リスクを抑えることができます。RPA CoEは、繰り返し生産する製品の提供を短い開発サイクルで行えます。

QBurstでは、短期間の労力と厳格なテストによるアジャイルアプローチを採用し、迅速かつ高品質なお届けが可能です。パイロットプロジェクトが展開され、それから学習したことは最終の展開に使用されます。モニタリングと結果を検証することで、自動化の最適化が可能になり、より良い結果に繋がります。

企業のRPAの道筋は、比較的シンプルでありながら時間のかかる膨大なタスクの自動化をすることから始まります。これらの自動化に成功したら、複数の人が関与するプロセスや部門間で協力するプロセスなどの複雑なプロセスに続きます。タスクの自動化から、部門自体の自動化へと進み、部門間のプロセスに対応することで、組織全体におけるRPAの拡大をスムーズに行うことができます。

設定RPA CoEの

拡張性があり、機能的なRPA環境を構築するには、その役割と責任範囲を明確に定義して、実装にあたっての自動化ツールの実践経験を積む必要があります。

RPAパートナーとして、特定のニーズに沿うような自動化ソリューションを開発するRPAセンターオブエクセレンスを社内に構築します。当社のRPAのおける経験は、様々なプロセスに渡り、主要RPAプラットフォームを使用して、ロボット自動化ソリューションの実装ができます。

詳しくはお問合せください。

FAQ

ロボットオートメーションに最も適したプロセスとは?

正しいプロセスを見極めることが、RPA導入の成功への第一歩です。自動化に適した作業の持つ共通の特徴は以下のようなものになります。

繰り返しが多く、一定なもの

ロボットオートメーションは、明確に定義されたルーチン業務に適用できます。このようなタスクは反復的で、設定されたパターンから逸脱することも無いため、ロボットに向いていると言えます。

処理量が多く、時間がかかるもの

その処理量が膨大なために時間をかける必要がある事務作業は、間違いなく自動化の対象となります。

RPAとBPMのどちらが良いか

結論から言えば、どちらか一方を選ぶ必要はありません。BPMのようなロボットプロセス自動化は、企業の自動化を実現するための数あるツールの一つにすぎません。調査中に、自動化することが可能なプロセスを多く特定できるかも知れません。場合によっては、再考効率を生み出すために、自動化の前に再設計が必要なプロセスがあるかも知れません。

RPAは中小企業向けか

その通りです。中小企業は、限られたスタッフで無駄のないオペレーションを続けることに重きを置いています。テクノロジーというと、膨大な投資のように感じられるかも知れません。しかし、ロボットによるプロセスの自動化により、中小企業は規模を拡大し、わずかなコストで社員を採用して、大企業に立ち向かうことが可能になります。

RPAを実装する利点を教えてください

コスト削減にも関わらず拡張性と品質向上が見込めることが、ロボット自動化の最大の利益だと言えます。その他の利点には、以下のようなものがあります。

モラル向上

ボットが退屈な作業を担うことで、従業員の知性をより創造的かつ付加価値の高い活動に向けることができます。従業員からは感謝され、生産性も向上します。

効率性の向上

RPAは、そのプロセスに関するデータを大量に提供します。企業は、その情報をワークフローの効率化に利用できます。

RPAの実装におけるプロセスマイニングツールの役割とは

RPAプロジェクトは、プロセスマイニングを導入したほうが成功しやすいと言われています。プロセスマイニングツールは、タスクを完了させるための手順(As-Isプロセス)を捉えやすくするものです。また、プロセスにおけるボトルネックや、非効率的な部分の特定にも役立ちます。つまり、プロセスマイニングは、RPAに最適なタスクを浮き彫りにしてくれるもので、自動化に向けてのガイドとして機能しています。

RPAを導入すると、データセキュリティやコンプライアンスが危険に晒されるか

大半の企業向けRPAプラットフォームは、セキュリティが組み込まれた形で自動化を行います。Jiffyなどのツールにより、ロールベースアクセス制御(RBAC)、堅牢な証明管理のセキュリティ、および包括的監査証跡と共に、セキュリティとコンプライアンス要件を満たすことができます。